サンプル画像

サグラダ・ファミリア

スペインを代表する天才建築家アントニ・ガウディ(1852年〜1926年)は、古今東西の折衷様式を唱えたモデルニスモ(アール・ヌーヴォー)期に活躍し、多くの建築を残しました。

ガウディの作品のなかで、いちばん有名なのは、バルセロナにあるサグラダ・ファミリアではないでしょうか。自然の中に最高の形があると考えたガウディの作品には、曲線や動植物をモチーフにした奇抜なものが多く、はじめて見る者は、作品がまるで生きているように感じられます。サグラダ・ファミリアも地中から生え出たタケノコの群れのような形態をしていて、その異様な姿は、初めて見る者を別世界へ誘います。ガウディ没後100周年目の2026年に完成予定で、現在急ピッチで建設が進んでいますが、設計図が残っていないため、わずかな資料を基にして、多くの建築家がこの建設を継続させています。

ガウディの作品のうち、世界遺産には、グエル公園、グエル邸、カサ・ミラ、サグラダ・ファミリアの生誕のファサードと地下聖堂、カサ・ビセンヌ、カサ・バトリョ、コロニア・グエル教会地下聖堂の7件が登録されています。