サンプル画像

孤高の修道院

モン・サン・ミシェル(聖ミカエルの山の意)はフランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ岩山(小島)に築かれたゴシック様式の修道院です。中に入ると、ゴシック様式のアーチの回廊があり、美しい中庭とともに心が癒されます。1979年に世界遺産に登録されましたが、同じく世界遺産であるフランスの「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部としても登録されています。

DHA EPAに関する健康情報をここで入手

この教会の歴史は古く、708年に司教オベールが、大天使ミカエルから「この島に聖堂を建てよ」というお告げを聞き、それを実行するところから始まります。その後、966年にノルマンディー公リチャード一世修道院を建て、13世紀ごろにいまの形になったといわれています。14〜15世紀の百年戦争では要塞となり、18世紀のフランス革命の際には、監獄として使用されるなど歴史の波に翻弄されながら、現在までその荘厳な姿を残しています。

「遺書を書いていけ」

現在は陸地化が進み、歩いて教会へ行くことができますが、昔の巡礼者は干潮時に海を徒歩で渡らなければならなかったのです。教会は満潮時には陸から切り離され海に浮かび、大きな潮が猛烈な速度で迫ってくるからです。潮の満ち引きの差が15mにもおよぶために、潮にのまれて命を落とす巡礼者も数多く、「モン・サン・ミシェルに行くなら遺書を書いていけ」といわれていたといいます。

関連リンク